メアリと魔女の花

その小さな手の中に、
あしたは用意されている。

飛べ、ふたたび。

『メアリと魔女の花 ブルーレイ(デジタルコピー付き)』

『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督によるエンターテイメント超大作!
スタジオポノック第一回長編作品

禁断の“魔女の花”の力で魔女となった少女メアリの奇想天外な大冒険と、やがて”小さな勇気”を持って自分の力で失敗や困難に立ち向う姿を、米林監督ならではの表現力と演出で描いた、“出会いと希望の物語”!
引用:https://amzn.to/2KQlaOb

公開時は、ハノイにいて、その後日本一時帰国中も上映していて

でも、なんかタイミングが合わず日本では観られなかったメアリをハノイの日本映画祭で観ることが出来ました。

率直な感想としては……、宮崎駿ってやっぱり天才なんだな、と。

宮崎駿監督の作品だけ観ているとスムーズ過ぎて物語の中にのめり込んでいくのですが、

米林監督の作品を観ているとついつい宮崎監督だったら、という邪念が入ってしまいます。

改めて、私の子供時代にジブリ映画があって良かったと思います。

けど、宮崎監督の先入観を取り除けば、周りで映画を観ていたベトナム人達も大喜びして観ていたので、

ジブリの魂を引き継いで、今の子供達に映画館でのワクワクをくれた事に感謝な映画でした。

魔女ふたたび!

ありがとうございます。