焼肉ドラゴン


https://amzn.to/2EKoV6G
ハノイで行われた日本映画祭で観ました。

社会的な背景のある映画だったので、

日本映画祭で観た他の映画よりもスマホをいじっているベトナム人が多数😠

難しかったよね? と思いつつ、気が散るから映画館でのスマホやめてほしい。

というのが、前半の印象だったんですが、話しが進むに連れてベトナム人達も夢中になってきたようで、

真剣に見始めていました。

ベトナムで、たくさんのベトナム人に囲まれて日本人の私が、在日韓国人の映画を観る。

凄い不思議な感じがしました。

戦後の混乱。

情報格差。

差別。

在日韓国人のお父さんが国有地を「買った」と言い張るシーンに胸が痛くなりました。

知らないって怖い。

知らないって損する。

そんなことを思いました。

そして、子供って無力。

イジメって最悪。

そんなことも思いました。

後半、私的に遠い話過ぎてポカーンとしてしまったお父さんの村が戦争で無くなってしまったというシーンで、

ベトナム人達が泣いているのを見て、私にとっては、遠くポカーンとする話でもベトナム人にとっては、そう遠くない話なのかなと思いました。

そして、「離れていても家族は一つ」という台詞に大きく頷くベトナム人達を見て、家族を大切にしている姿に胸を打たれました。